TOPニュース&トピックス > 2006.07.13 遮熱効果に優れた半透明糸入りターポリン<SH-1000>を開発しました。
news_title.jpg

2006.07.13

遮熱効果に優れた半透明糸入りターポリン<SH-1000>を開発しました。

クラレプラスチックス株式会社は、アキレス株式会社と共同で優れた遮熱効果を発揮する透視性のある半透明糸入りターポリン<SH-1000>を開発しました。
<SH-1000>は、太陽光などから出る放射熱を効率よく反射させる特殊遮熱材を含有したフィルムに、補強層として網状の布を積層した構造を持った遮熱効果の高い透視性のある半透明ターポリンです。一般の透明糸入りターポリンの様に透視性を維持したまま、暑さの原因となる放射熱のなかの近赤外線を効果的に遮り、侵入してくる熱をカットするので内部の温度上昇を抑えることができます。
当社ではソーラーシミュレータを用い、遮熱効果の実験を行いました。
比較対照として通常の透明糸入りターポリン<E-1000>を用い、サンプルを通したソーラーシミュレータの光による空間温度の上昇を測定したところ、通常の透明糸入りターポリンと比べ<SH-1000>では約5℃の空間温度上昇を抑える効果がありました。

../news_obj/taporin_graf.gif

当社では、(1)作業環境・生活環境の改善、(2)空調設備への負担軽減、(3)ヒートアイランド対策などに効果の見込める素材として多方面への展開を計画していきます。

【特 長】

(1)暑さの原因となる近赤外線に対し優れた遮熱性能を有する
(2)省エネやコスト削減につながる。
(3)通常の透明糸入りターポリン並の性能(強度、耐久性等)を有する。

クラレプラスチックス株式会社

〒530-8611 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 39F
TEL 06-7635-1500(代表)  FAX 06-7635-1528
2005-2014 © KURARAY PLASTICS CO.,Ltd. All Right Reserved.